医者の転職Book転職するなら好条件!医師求人北海道、医師募集、医師バイトについて

いい条件での医師の転職サポート情報。誰でも、今の条件より好条件で転職を希望するものです!医師求人、募集

TOP 医師求人 産業医求人の種類とその役割について

目次

産業医の種類

産業医には以下のような種類があります。

専属産業医

専属産業医は、一つの企業や施設に所属し、その勤務先の従業員の健康管理を担当します。

嘱託産業医

嘱託産業医は、複数の企業や施設に雇われて、各勤務先で従業員の健康管理を行います。

非常勤産業医

非常勤産業医は、企業や施設との契約で定期的な勤務を行いながら、他の臨床現場などでの仕事と兼業しています。非常勤産業医は、専属産業医や嘱託産業医と比べて柔軟な働き方ができます。

産業医の役割

産業医は企業や施設などの勤務先で働き、従業員の健康管理に携わる医師です。産業医の役割は多岐にわたります。以下にその一部を紹介します。

健康診断の事後措置

産業医は従業員の健康診断の結果を受けて、必要な処置やフォローアップを行います。例えば、異常値が検出された場合には、詳細な検査や治療のための紹介を行ったり、健康に関するアドバイスを提供したりします。

職場巡視と衛生委員会

産業医は定期的に職場を巡視し、労働環境や衛生管理の状況を確認します。また、衛生委員会への参加も担当します。職場巡視や衛生委員会の活動を通じて、労働環境の改善や従業員の健康への配慮に取り組みます。

過重労働面談とメンタルヘルス面談

産業医は従業員の過重労働やメンタルヘルスの問題に関する面談も行います。従業員の心身の健康を保つために、働き方改革やストレス対策などの提案を行い、過重労働やメンタルヘルスの改善に取り組みます。

求職・復職者面談

産業医は求職者や復職者の面談も行います。面談によって、適職のアドバイスや職場への適応支援を行い、従業員の職場復帰をサポートします。また、障害者の雇用支援も担当することがあります。

医師求人に関する記事